ブログ

NHK「奇跡のレッスン」とスペシャル写真レッスン講座が目指すもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NHK「奇跡のレッスン」とスペシャル写真レッスン講座が目指すもの

写真家ブランディングコンサルタント
松木マリです。
横浜は初夏のような日になりました。皆さまのところはいかがですか?

NHK番組に 「奇跡のレッスン」というプログラムがあります。
その道の世界的プロフェショナルが講師となり日本人の中学生高校生に教える番組です。

日本式の教育で育った生徒達は、どんなレッスンや講座が始まるのか想像もつきません。
生徒の父兄も生徒自身も、期待=技能が上手になる方法と思っていることが、同じ日本の教育を受けた私には伝わってきます。
始まって暫くすると、世界のスーパー一流のプロフェショナルが伝えることが、上手になる方法や技を教えるだけのことではないことが生徒達も父兄も分かってきます。

「奇跡のレッスン」で一番に伝えているのは、上達に向かう気持ちです。

バスケットボールを教えたアメリカ人プロフェショナルバスケットボール選手は、マインドセット、自分で意思を決めることを生徒に教えていました。

チーム競技のバスケットバールでは、自信がないと自分の意思でプレイすることが怖くなります。
何度か試合中に失敗し、皆に迷惑を掛けたくないと思い始めた生徒がいました。彼は自分の内面の成長にブロックされていることを、誰にも打ち明けられません。迷惑になるなら辞めておこう。という思いが練習でも試合でも行動に出てしまうのです。
彼自身もご家族も、何が成長のブロックになっているのか気づくことができないでいました。

講師となった世界的プレイヤーは、彼の内面の葛藤を見抜き、克服する道を、マインドセットという言葉とともにを静かに伝えていました。

何かを習うというと、上手になる方法や技術を修得することだと思いがちです。

習うことで一番大切なのは、成長への対話

写真レッスン講座を長くさせていただいています。

講師として大切にしていることは、写真を撮る時の思い、撮った写真の先への対話です。

インターネットや動画などから商品写真レッスンも、写真レッスン講座も簡単に撮り方の方法を知ることができるようですが、
写真は、思いをビジュアル化し、「人と人を結ぶコミュニケーションツールの一つ」なのです。

私は講師として、いつも「魂のレッスン」のように、受講生の方がたと写真を通して、「成長への対話をすること」が仕事だと思っています。

忘れられない受講生の方がいます

ホームページを通して、プライベートレッスンをお申込みしてくださった若い女性の方でした。

レッスン初日に、お話しを伺うと、レッスンへのご希望は、お母さまの形見の指輪を写真に上手に撮りたいという内容でした。

いつも持ち歩けない大切な形見の指輪。写真なら肌身離さず持ち歩くことができます。

ただただ、その生徒さんの思いに応えることができる写真レッスンをさせていたけることが、感謝でいっぱいです。

大切な形見を写真に撮りたい。

愛犬を写真に撮りたい。

庭の花を写真に撮りたい。

ご両親の写真を写真で記録しておきたい。

妊娠から出産までの記録として写真を撮りたい。

海外旅行で買ったものを写真に撮りたい。

子供が書いた絵や作った作品を写真に撮っておきたい。

思いを伝える写真レッスン講座を、オーダーメイドさせていただく
スペシャル写真レッスン講座をお受けしています。

何時からでも始められます。お気軽にお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る