ブログ

スマホで料理写真の色を綺麗に撮る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スマホで料理写真の色を綺麗に撮る方法

こんにちは。
横浜は少し曇ってきました。皆さまのところはいかがですか?

昨日、6カ月以上左の歯の様子がおかしく、ついに大学病院付属の歯科を受診しました。
近所のかかりつけの歯医者は、歯はどこも痛んでいないとの、ご説明でしたが、痛みは、
時々やってきますので、これ以上ほっておけなくて大学病院付属の歯科を受診しました。

痛みはどこから来ていたのか?

私には予想外の結果でした。

左奥歯全体の痛みは、虫歯でもなく、歯茎の病気でもなく、歯の噛み合わせが原因だったのです!

その時思ったことは、専門性の違いです。

近所の歯科は歯を治療することが専門です。

大学病院の歯科は口腔全体から原因を探すことが専門なのだと、改めて分かったのです。

専門性の違いは、どの仕事でも一般の人には伝えにくいものです。
皆さまに、私の商品写真撮影レッスンセミナーの専門性の違いをお伝えしておきたいと思ったのです。

松木マリCreativeLinkでご提供している商品写真撮影レッスンセミナーは

● 写真を綺麗に撮るカメラのレッスンだけではありません。
● 商品を売るために何が必要なのかを考えるブランディング構築を得意としています。
● お客様の立場で考えます。
● 写真をベストに見せる方法が学べます。
● 写真から良さを伝える方法が学べます。
● お客様がいいな!と思う写真イメージをお伝えします。

スマホで料理写真を上手に撮るコツとは?
 

レストランやカフェのオーナーさんとお話しする機会が良くあります。
スマホで写真を撮ると、料理の色が美味しそうに撮れないというお声を良く聞きます。

料理に限らず、アクセサリー、宝石、雑貨、化粧品、コスメなど、商品写真撮影の全てに色は関わってきます。

色味が大事なぜりーをスマホカメラで撮ってみました。
見る人が「美味しそう」と声を出して言ってくれる写真にすることが大切です。

1)一番に構図を確認します。
2)思ったような色見が出ませんでした。

3)構図を変えます。

ここが大切です。

商品写真を撮る時、自然光で撮る時には特に、構図を変えることをお勧めします。

構図をいくつか変えただけで、料理写真の色が綺麗に撮れました。

カメラは人間が見たようには、写真を撮ってくれません。

カメラは人間が見たようには、写真を撮ってくれませんので、自分からお客様に喜んでもらう写真へとアプローチしてください。
それは、簡単なことです。
構図を変える。
位置を変えることから始まります。
少しのコツで、料理写真が美味しそうに撮ることができます。
商品写真全てが、驚くほど上手になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る