ブログ

鎌倉の写真スポット お寺の庭と花をスマホで上手に撮る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

鎌倉の写真スポット お寺の庭と花をスマホで上手に撮る方法

こんにちは。
ブランディング写真家&コンサルタント
松木マリです。

古い街が好きで、日本に居る時には自宅から1時間程で行ける
鎌倉へよく行きます。

お寺を訪ねると、お寺の建築だけでなく、庭園とそこに咲く花も
造られた人々の心が感じられます。

鎌倉のお寺の庭園は、どちらかというと質素で、
建築から見過ごしてしまうかもしれません。

庭園に咲く花は、庭師の方々が心を込めて育てていること
また寺院を立てた人々、古の人々が同じ花をみていたかもしれないと
思いは、同じ花を撮るのでも、レンズの奥には何か違うものを感じます。

写真家から見た、鎌倉の写真スポットとしてご紹介したいもの

鎌倉の庭園と花の撮影をお勧めします。

写真はiphoneで撮っています。

お寺によって、花の種類も違うのも写真スポットですね。
訪れた場所で、花にも目をむけ撮影してみてください。

これからの季節では、北鎌倉の明月院の紫陽花が有名です。

東慶寺では、入館する時に一年の庭園の花暦がパンフレットに記載されています。
季節ごと、月ごとに変る花は、鎌倉観光の隠れた魅力でもあり、写真スポットです。

雨に訪れた建長寺では、椿の花が素晴らしかったです。

花を撮影する時の撮影前の大切なことを確認しておきましょう

花の写真を撮る時は特に写真を撮る前に、被写体の美しさと対話することが
大切です

1)写したい花を決めます
2)構図を決めます
3)シャッターを押します

たった3つのことですが、これをするかしないかで、写真が違ってきます。

鎌倉で写真を撮るスポットとして、是非庭園の花を加えてください。

次回のブログは、スイス人の方を鎌倉へ写真ガイドした時のことをお伝えいたします。

写真を楽しく撮って、素敵な連休をお過ごしください。

写真を撮ったら、是非見せてくださいね。

写真は心の旅です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る