ブログ

ホームページリニューアルに最初に準備したこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
CreativeLink 松木マリ

帰国後初めてのホームページは写真だけのサイトで制作しました。
次はブログタイプのホームページで友人に教えてもらいながら今度は詳しく内容を書きながら、カタログのようなホームページを制作しました。

そのホームページから数年後に、ホームページのリニューアルを決心しましたが、ホームページをリニューアルする理由はどこからくるのでしょうか?
幾つかの理由が出てくると思います。

ひとつには、お客様へご提供するメインコンテンツが変わったことです。
ブログタイプのホームページは、主に横浜女性起業家の皆さまへ、商品撮影レッスンとビジネスポートレイト撮影がメインにご案内していました。

年を追うごとに女性起業家だけでなく、男性経営者のポートレイト撮影、企業スタッフ研修としての商品撮影、中小企業向けセミナーなど、コンテンツの内容の幅が広くなってきたのです。
時代とともに早い流れで、人の関心と動きが変わっています。

商品写真撮影レッスンとセミナーでも、つい数年前まで、一眼レフとミラーレスカメラとどちらがいいですか?というご質問を聞いたのですが、今はスマホカメラと普通のカメラとどちらがいいですか?という質問に変わりました。
お客様へ一番有益なコンテンツを提供したいと考えていると、どうしても変化が出てきます。

メインのコンテンツはどのように選ぶのでしょうか?

1)ホームページ制作で、最初に準備することは、メインカテゴリーを決めることでした。
写真といっても、範囲は広く、細部まで分かれています。自分の強みやニーズと照らし合わせることがスタートでした。

2)コンテンツに関連性をもたせる。
メインカテゴリーを、最初ブランディングにする予定でしたが、マーケティングをしてみると、メイン事業には合わないことがわかってきました。CreativeLinkは写真を扱っていると認知している皆さまが、ブランディングをメインにしたら、ブランディングと写真の繋ぎが見えずに混乱することがわかってきました。
そこから、コンテンツには関連性を持たせることにフォーカスしていきました。

2)コンテンツを絞りこむ。
お客様のニーズに合わせて、コンテンツを絞りこんでいきましたが、ひとりで、考えていると思いばかりが膨らんでしまい、描いていた方向、または正しい方向へ行かなくなってしまうこともあります。できるだけ多くの親しい方へご相談することをお勧めします。

カナダのようにビジネスコーチが身近にいて、単刀直入に意見を言ってくれると、視界が開けてくるのですが、私はひとり悩みに悩んでしまい、コンテンツが決まったのは、ホームページリニュアルを決めてから3年もたっていました。

そこで、このブログページでは、ホームページリニューアルを考えている皆さまへ、3年間で気づいたホームページリニューアルまでに最初に準備することを書かせていただきました。

英語のことわざに
Blessing in disguise
大変なことは、実はありがたいもの
(不幸中の幸いという意味もあります。)

ホームページリニューアルは大変ですが、必ず良い方向へと繋げてくれると信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る