ブログ

証明写真とプロフィール写真の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
CreativeLink 松木マリ 証明写真とプロフィール写真の違いとは?

証明写真とプロフィール写真の違いについて

証明写真とプロフィール写真には大きな違いがありますが、違いを知らないと損をしてしまうこともありますので、ここで少しご紹介したいと思います。
まず証明写真とはなんでしょうか?

証明写真(しょうめいしゃしん)は、その人物を判断し、他人のなりすましを見分けることなどを目的に身分証明書や書類などに貼付される人物写真。パスポートや運転免許証等の公文書、履歴書等の私文書、入学試験や資格試験等の願書などに用いられる。
Wikipediaより

そうです!
証明写真とは、その人を判断する写真の事なのです。

一方、プロフィール写真は何時どのように使うのでしょうか?
プロフィールは英語から来ていますので、英語の意味について調べてみます。

profile
1(人,特に顔の)横顔,プロフィール; (彫像の)半面像.
2輪郭,外形.
3(新聞・テレビなどでの)人物紹介,横顔 〔of〕.
(動詞 他動詞
1〈…の〉輪郭を描く,側面を描く.
2〔+目的語+against+(代)名詞〕〔…を背景に〕〈…の〉輪郭を見せる 《★通例受身で用いる》.
(語源
ラテン語「輪郭を描く」の意
Weblio辞典から

上記のように紹介されています。

  • プロフィールとは、ラテン語から「輪郭を描く」ということ。
  • 写真で人物を紹介すること、人柄の輪郭を描くことが、プロフィール写真なのです。

プロフィール写真は、現在どのように理解され、使われているのでしょうか?
実際には、証明写真とプロフィール写真とが混在してしまっているように思います。

起業家経営者様向けセミナー「成功するプロフィール写真には訳がある」で、講師として、詳細をご説明させていただく機会をいただいたことがありました。「証明写真とプロフィール写真との違い」を受講者全員が初めて知ったということでした。

グローバル化が進んでいる現在は、写真ひとつでも、本来プロフィール写真を使うところに、証明写真をのせていると、違和感が出てしまうこともあります。また国際間での交渉相手や取引相手に、誤解を与えてしまうこともあるかもしれません。

ホームページは本より、facebookなどのSNSで写真を使うことが多くなりましたが、証明写真をプロフィール写真として使われている方は意外と多いのです。写真一枚ですが、視覚の印象はとてもインパクトがありますので、使い方を知っていただければと願っています。

ホームページやカタログに使われている、ご自身の写真が証明写真かプロフィール写真かわからない時は、お気軽にご相談ください。
またプロフィール写真を撮ってもらう時は、プロフィール写真であることを確認して撮影をお申込みされることをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る